職業別に見るキャッシングの審査度合

キャッシングでお金を借りる時の審査の厳しさの度合いを比べると、公務員やサラリーマンの方は比較的簡単に通りますが、農業従事者の方など不安定な方の場合、やや厳しいという印象があります。

 

このサイトではそうした職業別にカードローンの審査の難易度などを紹介しています。アーティストの方や中小企業の経営者の方のケースなど、変わったパターンについても紹介しています。

 

このページでは、一番多い主婦の方、会社員の方などについて書きます。

 

主婦

主婦でも当然キャッシングは申し込み可能です。特にパート・アルバイトなど何かしら報酬の発生する仕事をしていて、年収があるという方ならなおさらです。年収がない方の場合は借入限度額が小さくなりますが、自分の収入がある方の場合、総量規制の範囲内で借りることができます。

 

どのくらいの金額になるかは、勤務先の信頼度や勤続年数、現時点での借入総額など、基本的な条件によって決まります。このあたりは、他の職業や属性の方とまったく一緒で、主婦だから特別ということは特にありません。また、主婦向けのカードローンと言われるものも、金利や限度額などは普通のカードローンと同じです。

 

専業主婦

専業主婦といっても、アルバイト・パートをしている方もいれば、それもまったくしていないという方もいます。何か仕事をしている方の場合、その収入に合わせて借入することができます。何も収入がない方の場合、たとえば借入可能金額が30万円までなら、収入証明書不要で借りられる、などのパターンが多いです。

 

旦那さんの収入証明書の提出が必要とか、家族に電話確認が必要などのことは特にありません。なので、家族に知られずに借りたいという方でも特に問題なくできるでしょう。また、過去に借入をして完済した経験など、返済実績があると評価されます。

 

公務員

公務員は、キャッシングの審査でもっとも評価される、審査に通過しやすい職業です。クビになることが絶対ないですし、減給もほぼありません。仮に減給されるとしても数年がかりでの変更なので、すぐに返済が滞るということがありません。このように、貸金業者側にとって、公務員ほどありがたいお客さんはいないのです。

 

ただ、総額規制というルールがある以上、借入限度額は当然年収の3分の1までに収まります。なので、それ以上の多額を借りようとしてはいけないですし、そもそもおすすめできません(返せなくなるだけなので)。

 

会社員

会社員と一口にいってもいろいろいますが、おおまかに立場を分けると正社員、契約社員、派遣社員となるでしょう。このうち、一番審査で有利なのはやはり正社員です。すぐにクビにならないですし、ボーナスなどもしっかり出ます。

 

正社員同士で比較した場合、やはり年収が多いかどうか、勤続年数が長いかどうかで、カードローンの審査を通過できるかどうか決まります。また、一口にサラリーマンといっても業界がいろいろなので、特に堅実な業界の方は有利と言えるでしょう。

 

お金を借りる方法

アコムとかプロミス、「すぐモビ」のモビットというような、テレビやチラシ、ネットなどで普通に名前を見ることが多い、会社を利用する場合でも他で多くなっている即日キャッシングが可能で、当日中にあなたの口座への振り込みが実現できます。借入の用途に最も有利な条件のカードローンの種類やタイプはどんなものなのか、また失敗しない毎月の返済は、どれくらいが限度になるのか、ということを十分に確認して、ゆとりのある計画を組んでカードローンによる借り入れを利用するべきなのです。融資の金利を一円たりとも払いたくない方は、融資完了後ひと月だけは完全無利息という、お得な特別融資等が利用できる、消費者金融会社による即日融資を使うことを考えるべきでしょうね。

 

いわゆる無利息とは、キャッシングをしても、利息は0円でOKということ。名前が無利息キャッシングでも、これも借金であるわけですからいつまでももうけにならない無利息で、貸したままにしてくれる…なんてことはないので気を付けなければいけない。現在ではごちゃ混ぜのキャッシングローンなんて、ますます混乱するような言葉だって普通になってきていますから、キャッシングだとしてもカードローンであって、現実的には異なる点が、全くと言っていいほど存在しなくなっていると言ってもいいのではないでしょうか。何の用意もしていない支払でお金がないなんてときに、救ってくれる即日キャッシングによる融資が可能な会社と言えば、たくさんの業者の中でも平日14時までのホームページからのWeb契約で、早ければ申込を行ったその日の即日キャッシングだってできることになっている、プロミスでしょう。

 

即日キャッシングは、融資のための審査基準を満たしていれば、資金を申込当日に調達可能なキャッシングなんです。手の打ちようがない資金不足はまさかというときに起きるものですから、行き詰ってしまったら即日キャッシングを利用できるっていうのは、まさに「地獄で仏」だと感謝することになるでしょう。当然ですが、利用者が増えているカードローンというのは、利用方法を間違えてしまうと、多重債務という大変なことにつながる大きな原因となることだって十分に考えられるのです。多くの人が使っていてもローンは、借り入れには違いないということを忘れないようにしましょう。住宅購入時のローンや自動車購入ローンではないので、いわゆるカードローンは、借りるお金を何に使うのかについては利用者の自由です。このような性質のものなので、後から追加融資も制限されないなど、それなりに長所があるのです。紛らわしいかもしれませんがキャッシングは、いわゆる銀行系と言われているキャッシング会社などの場合は、「カードローン」というキャッシングとは違う名前で使用されているのです。

 

多くの場合、申込んだ人が、それぞれの金融機関から現金の貸し付けを受ける、少額(数万から数百万円くらいまで)の融資のことを、「キャッシング」としています。たいていのカードローンを使うなら即日融資だってOK。ですからその日の朝カードローンの新規申し込みをしておいて、問題なく審査に通ったら、午後になったら、そのカードローンから希望通りの融資ができるわけです。よほどのことがない限りキャッシングを利用する場合は、融資の可否を判断する審査がかなり早いので、その日のうちの振り込みが可能な時刻までに、やっておかなくちゃいけない事務作業などがすべて完了できているようなら、手順通りに即日キャッシングを使っていただくことができちゃいます。設定されている日数についての、利息が1円も発生しないという無利息キャッシングなら、貸し付けを行ってくれたローン会社(金融機関)から支払いを請求される金額が、無利息期間分は必ず安くなるわけなので、それだけお得に利用できます。また、無利息だからと言って審査の内容が、これに合わせて通りにくくなることもないのです。「むじんくん」で有名なアコム、そしてモビットなど、テレビやチラシ、ネットなどで日常的に皆さんが見たり聞いたりしている、大手のキャッシング会社に申し込んでも最近の流行通り即日キャッシングでき、当日中に借りたお金をもらうことができるのです。キャッシングを取り扱っている業者の審査での基準は、キャッシング会社別で違ってくるものです。大手銀行子会社やそのグループの場合はなかなか通してもらえず、信販関連と言われている会社、そして流通関連、一番最後がアコムなど消費者金融系と言われている会社の順にパスしやすくなっています。