職業別に見るキャッシングの審査度合

キャッシングでお金を借りる時の審査の厳しさの度合いを比べると、公務員やサラリーマンの方は比較的簡単に通りますが、農業従事者の方など不安定な方の場合、やや厳しいという印象があります。

 

このサイトではそうした職業別にカードローンの審査の難易度などを紹介しています。アーティストの方や中小企業の経営者の方のケースなど、変わったパターンについても紹介しています。

 

このページでは、一番多い主婦の方、会社員の方などについて書きます。

 

主婦

主婦でも当然キャッシングは申し込み可能です。特にパート・アルバイトなど何かしら報酬の発生する仕事をしていて、年収があるという方ならなおさらです。年収がない方の場合は借入限度額が小さくなりますが、自分の収入がある方の場合、総量規制の範囲内で借りることができます。

 

どのくらいの金額になるかは、勤務先の信頼度や勤続年数、現時点での借入総額など、基本的な条件によって決まります。このあたりは、他の職業や属性の方とまったく一緒で、主婦だから特別ということは特にありません。また、主婦向けのカードローンと言われるものも、金利や限度額などは普通のカードローンと同じです。

 

専業主婦

専業主婦といっても、アルバイト・パートをしている方もいれば、それもまったくしていないという方もいます。何か仕事をしている方の場合、その収入に合わせて借入することができます。何も収入がない方の場合、たとえば借入可能金額が30万円までなら、収入証明書不要で借りられる、などのパターンが多いです。

 

旦那さんの収入証明書の提出が必要とか、家族に電話確認が必要などのことは特にありません。なので、家族に知られずに借りたいという方でも特に問題なくできるでしょう。また、過去に借入をして完済した経験など、返済実績があると評価されます。

 

公務員

公務員は、キャッシングの審査でもっとも評価される、審査に通過しやすい職業です。クビになることが絶対ないですし、減給もほぼありません。仮に減給されるとしても数年がかりでの変更なので、すぐに返済が滞るということがありません。このように、貸金業者側にとって、公務員ほどありがたいお客さんはいないのです。

 

ただ、総額規制というルールがある以上、借入限度額は当然年収の3分の1までに収まります。なので、それ以上の多額を借りようとしてはいけないですし、そもそもおすすめできません(返せなくなるだけなので)。

 

会社員

会社員と一口にいってもいろいろいますが、おおまかに立場を分けると正社員、契約社員、派遣社員となるでしょう。このうち、一番審査で有利なのはやはり正社員です。すぐにクビにならないですし、ボーナスなどもしっかり出ます。

 

正社員同士で比較した場合、やはり年収が多いかどうか、勤続年数が長いかどうかで、カードローンの審査を通過できるかどうか決まります。また、一口にサラリーマンといっても業界がいろいろなので、特に堅実な業界の方は有利と言えるでしょう。

 

お金を借りる方法